舞台 文豪ストレイドッグス


ちょっと前に
舞台 文豪ストレイドッグスを観に行ってきました@森ノ宮ピロティホール

人生で一番前方席で、なんと2列目でした!
ステージ超近い!

文豪ストレイドッグスは
太宰治・芥川龍之介・中島敦といった文豪がキャラクターとして登場し
それぞれの作品と同じ名前の異能力を使って、横浜の街を舞台に戦うバトルマンガが原作です。
各キャラクターの異能力や人物設定も、実際の文豪たちの生き様や著書の内容から創作されているので
本が好きな方なら、より楽しいかも…という作品。

異能力を舞台でどう表現するのか楽しみにしてたんです。(特に中島敦の異能力「月下獣」は虎に変身してしまう能力なので…着ぐるみ?プロジェクションマッピング?どうするんだろう、と。)
舞台では
異能力のエフェクト部分を、アンサンブルの皆さんのダンスや動きで表現していらっしゃいました。
まさに身一つ、されど、身体の動きだけでこんなに様々な表現ができるんですね!
映像作品なら簡単にできる表現を、舞台でどう演出するか…できないからこそ生まれた表現、なんでしょうね。こういうの大好き!

しかも、私2列目だったのでスピーカーが近くて。
虎が咆哮するたびに、スピーカーからの爆音の鳴き声で体に振動が伝わる…!まさに、虎がそこにいるような臨場感!
前方席の醍醐味、味わってきました~!幸せ!

個人的には、
アニメの文ストの、お話のテンポの良さと
1話ごとの最後(ED前)が必ず誰かのセリフで終わるっていうのが格好良くて大好きなんですが
舞台もテンポよく、しかも暗転前はセリフの言い切りで終わったりしていて(太宰と中也のシーン等)
間延びしない!無駄なものがなくてかっこいい!
アニメを観ている時に感じた魅力を、舞台でも感じました。

そして、
最後の最後、キービジュアルと同じ並び・同じポーズで終わるの…ずるい!カッコ良すぎる!!!!舞台セットも、なんとなく原稿用紙を思わせる造りでおしゃれでした~

本筋の流れも大好きなんですが、『黒の時代』編がめちゃくちゃハードボイルドでグッとくるストーリーなので舞台化してほしい…
あと、太宰さんの足の長さと顔の小ささを分けてほしい…←
太宰役の多和田さん、近くでみたらこの世のものとは思えない美しさでした。マジ太宰。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。