ナイト&シャドウ/柳広司


ナイト&シャドウ/柳広司

読みました。

『ジョーカー・ゲーム』で有名な柳広司さんの小説です。

すべての能力にすぐれた一流のSP・首藤武紀は
合衆国のシークレットサービスで、日本人初・異例の研修を受けることに。
研修初日に、銃規制を求めるデモに遭遇した首藤は
突如暴れ出した男を瞬く間に制圧し、人質の幼女を助ける。
しかし、その現場には
大統領暗殺計画を示唆する二枚の写真が残されていた。

主人公って
【感情移入できるか、できないか】
に二分されると思うのですが
この小説の主人公・首藤は
身のこなし、先を読む力、記憶力、判断力等
SPに必要な技術・知識・才能がすべて超一流。
人間らしさを見せたと思ったら捜査のためだった…という、おおよそ自分とは似ても似つかないし、もちろん共通点なんてない、そんなキャラクター。
だから、共感してどうこう…みたいなのはもちろん一切ないんですが
胸のうちを明かさないからこそのかっこよさ、美学みたいなものがあります。

そして、彼の胸中だけではなく
大統領暗殺の真の黒幕は誰なのかも、明言されないまま終わります。
でも、だからこそ後を引く怖さが残る。
最後の最後、シークレットサービスの相棒の言葉…怖かった~…
その後の首藤については書かれていないけれど、あの一言で
「あ…首藤の乗った飛行機は落ちるんだろうな…」と思うには十分でした。

書ききらない面白さ。

作者の柳広司さんは
自分が読んだ小説に出てきたかっこいいオトナに強い憧れを持っている、
と何かのインタビューで語っていらっしゃいました。
過度でない言葉選びがかっこよすぎる小説の作者は、
ご自身もめっちゃダンディーでした。お写真拝見する限りでは、ですが。
書く人が出るんですね~、小説って。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。