ユートピア/湊かなえ


ユートピア/湊かなえ

読みました。

なーんにもない田舎町に移住し、ここは「なにもない」がある素晴らしい場所だと町おこしをする若手アーティストたちと
地元住民のいざこさ。

そこに、さらに殺人事件や失踪事件がかかわってきて
よーこんだけこじれるわ
と言ってしまいそうになるくらいの人間関係が描かれています。

でも、心の距離感がとてもリアルで。

田舎街で「他の人とは違う」とどこかで思いながら過ごしてきた主婦。
足並みをそろえなければ浮いてしまう、田舎町のご近所づきあい。
「家族のために」と必死に残業して仕事をする夫、しかし「家庭をかえりみない」と逆に家族との距離ができてしまう男性。

どこかで聞いたことあるような身近な人間模様が細かく描かれているからこそ
非日常な殺人事件・誘拐事件も、血が通った出来事として感じられるんだなあと思いました。

あと、
ものすごく野次馬気分になりました、読んでて。笑

1週間で3冊読むのが最近の目標なのです。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。