映画【ニンジャバットマン】


映画【ニンジャバットマン】を観にいってきました。

姫路まで!

Kiss-FM KOBEの姫路スタジオで番組をさせていただいていたのが懐かしい姫路…
電車で片道1時間以上かかる姫路…

映画観るために、片道1時間以上って(,,꒪꒫꒪,,)笑

もちろん、全国公開されている映画なので、最寄りの映画館でも上映されているのですが
なぜ姫路まで行ったかというと
姫路の映画館アースシネマズ姫路が、関西で唯一、【時空震サウンド】かつ【ドルビーアトモス】での特別音響上映をしている映画館だったからなのです!

よくわからないと思うので簡単に解説↓

  • 【時空震サウンド】=この作品の音響監督である岩浪美和さんが、上映する映画館にあわせて、その劇場のために音響を調整した特別上映
  • 【ドルビーアトモス】=シアター向けに開発されたサウンドシステムで、映像にあわせて、音が聞こえてくる方向が変わる。立体的な音で楽しめる

この映画、声優さんがめちゃくちゃ豪華なことでも知られていますが
(山寺宏一さんや、高木渉さん、子安武人さん、釘宮理恵さん、石田彰さん、大塚芳忠さん、諏訪部順一さん、小野大輔さん、梶裕貴さん、森川智之さん、チョーさん等…)
それならば、その素晴らしいお声の演技を、最高の環境で聴いてみたい!と、行ってきたわけです。

特別音響上映、すごかった!!!!!

私、映画の爆音上映会大好きで、機会があれば足を運ぶのですが
大音量でタコ殴りされて聴覚をマヒさせられ、そのまま映画の世界に突き落とされるような爆音上映(←例え、ね。笑)とは違い、自分のすぐ周りで映画の中の物語が動いているような感覚になります!

特に、アクションシーン!
カメラワークも、地面から上空からキャラクター目線から…と、様々なのですが
戦っている者同士の真ん中からカメラで撮ったようなアングルで殴り合うシーンは、私を真ん中にして戦っているような感覚になります。
リング上のレフェリーでもこの位置からの音は聴けないかもしれない。

めちゃくちゃ面白い体験でした。
鑑賞料金は、普通の映画と変わらない値段だから、本当に得した気分!(交通費については触れないで。笑)

この映画は、DC公認の日本発新作バットマンなので、今までのバットマンシリーズに出てくるキャラクターたちがもちろん登場するのですが
スーパーヴィラン達の中でも人気の高い、狂気の愉快犯ジョーカーも登場します。
ジョーカーといえば『ダークナイト』のヒース・レジャーのジョーカーを吹き替えた藤原啓治さんver.が、個人的にとても印象的で。(舌なめずりするジョーカー、超怖かった…!!)
今作の高木渉さんver.のジョーカーは、猟奇的で好戦的なんだけれど、藤原さんのジョーカーとは違って。
《不殺》のヒーロー、バットマンを心身共に追い詰め、ついに自分を殺そうとして、でも、殺さなかった最後のシーンの高笑い。
あの笑い声から「人の心を弄ぶって、なんて面白いんだ!」っていうジョーカーの気持ちが漏れ出ているように感じました。
【理解できないから怖いジョーカー】
ではなく、今作は、
【翻弄する事が心底楽しいジョーカー】
なんだなと。
些細な差なんだけれど、全然違って、その違いも面白い!

音の観点から、いっぱい語りましたが映像もめちゃくちゃ良くて…。それはまた違う時に!

すんごい面白いよ!この映画!!!


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。