京まふ2020


今年も京まふのステージ司会をさせていただきました🙇‍♀️

京都国際マンガミュージアムで行われた「クリエイター向けセミナー

ロームシアターで行われた「KING OF PRISM 京まふスペシャルステージ

ご来場・ご視聴ありがとうございました!

そして

浅野りん先生・天花寺さやか先生・山崎零先生・八代拓さん・関係者の皆様もありがとうございました☺️

コロナ渦で様々なイベントが中止になる中で、開催に向けてご尽力された皆様、本当におつかれさまでした。

これからのエンタメ界のイベント開催のモデルロールになれば…との想いで、できるだけ歩みを止めない。この状況下で、それは、とても重いご決断だと思います。(京まふは規模も大きいしね)

もちろん参加を断念された方のことを想うとオールオッケーとは言えませんが、ひとまず、この2日間に向けて動いてくださった皆様、本当にお疲れ様でした。

イベントの振り返り!

クリエイター向けセミナー」は、2回目の開催です。京都を題材に作品を創っている作家さんをお迎えして、次世代のクリエイターに向けてお話をしていただこう!というイベントです。

今回は3人の先生方がご登壇くださったんですが、どの方のお話もとても面白かったです!

特に「関西弁」「京ことば」をどんな風に作品に取り入れるか、のお話が新鮮でした。リアルな方言を使う魅力と、関西出身者ではない読者にもキャラクターの気持ちがすっと伝わる言葉を使うべきである・そのキャラクターらしい言葉使いかどうか…等を天秤にかけて、1番良いと思う言葉遣いを選んでいるそうです。

制作の裏側を知るって、本当に面白いですよね!

そして、キンプリ京まふスペシャルステージ

お話をいただいた時は嬉しかったなぁ…

最初の劇場版の公開が、全国の劇場に広がっていった頃。「なんかよくわからんが凄いらしい」と噂を聞きつけて友人達と見に行った応援上映…

1回目見た後は、理解が追いつかない故の混乱と共に、(妙に)興奮したのを覚えています。笑

そこから何回も劇場に通い、プリリズRLを完走して、キンプラ・SSSと追いかけて…あっブタキンも大好きです~!

キンプリの応援上映がきっかけで通うようになった映画館・塚口サンサン劇場で、(別作品ですが)応援上映の司会をさせていただいた時も、「これもキンプリのご縁だなぁ」と密かに思っていたのですが

まさか、作品そのもののステージでMCを任せていただけるとは思いませんでした。

関西でのキンプリのイベントはまだ数少ないので、この貴重な機会、来てくださった方が楽しんでもらえるように。改めてシリーズを見返したり、マイソングを聞き返したりして準備をしました。気分が落ちることも多い昨今ですが、見てくださった方の心がときめくステージになっていたら嬉しいです。

しかし、何回見てもキンプリは面白いなぁ~!

というか、回数重ねるほど面白い!

やっぱりキンプリはいいぞ!(言いたいだけ。笑)

(どんな質問にも快く答えてくださる八代さん、めっちゃ良い方でした…)

ステージ前後の影アナ含め「十王院カケル」スペシャルな構成でしたね!

ステージをより良いものに!と考えを巡らせてくださった関係者の皆様、最高でした!

来年の京まふは、寺が建つぞ!!!(多分)


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。