佃煮の理由


ブログ書くのを、スッカリ忘れてました。笑

代わりに(?)記事はぽつぽつ書いてました。

京都寺町三条のホームズ 聖地巡礼その2

この取材の際
鞍馬の食事処で、持ち帰り用のおにぎりを握ってもらったのですが
これが、うまい!✨

具は、葉唐辛子と木の芽煮!

景色見ながら、外で食べた( ˊᵕˋ )
さらに美味しい!

鞍馬は、佃煮が有名なのです。

なぜ佃煮か。
気になったので調べてみました。
やはり鞍馬は山の中、保存食として培われた文化のようです。ただ、山なのに、佃煮に昆布などの海の幸が使われているのは、鞍馬が鯖街道のルート上にあるから。鞍馬の佃煮は、若狭からの食材を鞍馬経由で京の料理屋へ運ぶ行商が盛んだった時代から続く味なんですね~

自分の暮らす街が作品に出てくるのも嬉しくてたまらないけれど
少し足を伸ばすきっかけになるのも良い。
聖地巡礼。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。