活劇 刀剣乱舞の世界展


梅田のLOFTで開催されている「活劇 刀剣乱舞の世界展」に行ってきました(・∀・)

徳島で開催されていた「活劇 刀剣乱舞」の原画展も見応え十分でしたが、こちらも凄かった…

ufotableの作品は、なんといっても戦闘シーンがすごい!
戦闘シーンだけ一気見できるシアターコーナーもありました。
表情や動きはもちろんだけれど、
刀身に血がどのように付着するかにもこだわっていらっしゃるようでした。(鋒のあたりは血の付き方が違いました)
設定画の展示もありましたが、それぞれの(実物の)刀の特徴を守ってつくられているんですね!
実物の鶴丸の長さ・反りが、設定画の中に書き込まれていたのを見て、そのこだわりの強さを感じましたし
山姥切国広には刀身に溝があったし
三日月宗近には打ちのけが描かれていました。
動きひとつ取っても、ものすごく労力をかけていらっしゃるのが簡単にわかるのに、この細さ…
静止画、展示で見ないと、こんなの見つけきれないや…

各刀剣男士のイラストと共に、担当声優さんのサインも飾られているのですが
源氏兄弟のサイン、ぜひ見てください!!!

は~~~!!!源氏兄弟!!
ありがとう!!!!
2人で示し合わせたのか、どちらかが真似されたのかわかりませんが…

源氏兄弟!!

きょうだ~~~~~~い!!!
最高だ~!

って叫びたくなりますので、ぜひご注目ください。笑

25日までです◎


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。